忍者ブログ

ばいう

どんどん進む情報収集


2014年9月18日の日本経済新聞の朝刊に載っている記事を読んで、おぉ・・・順調に個人情報を収集しているねぇと思いました。“カードポイントで連携 東急、沿線商店街と 買い物で特典”という見出しの記事です。個人情報と引き換えになっているのは「ポイント」。この記事の中には、「商店街の加盟店でのカード会員の購買履歴などのデータを収集し、今後の販売促進に利用することも検討している」とありますが、むしろそれが狙いでしょうが(笑)。記事前半には消費者に得があるような内容が書かれてありますが。結局は企業が負担する額(ポイント利用)よりも個人情報収集の方が価値があるということです。
個人情報を手に入れさえすれば無駄な営業をすることは極力避けることが出来ますからね。今回の記事で出てきたのは東京急行電鉄が発行するクレジットカード「TOP&カード」。百貨店がクレジットカード事業に力を入れているというのは前から言われていましたもんね。

ヒプノセラピー
催眠 療法
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カテゴリー

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア