忍者ブログ

ばいう

そういう開発していたんだ


2014年9月18日の日本経済新聞の朝刊に載っている記事を読んで、へ?、そんな開発をしていたんだ?と驚きました。“技術支援、端末開発促す”という見出しの記事の中にその文はあります。インテルやマイクロソフトは、協力企業を中国で増やし始めているのですが、多くの中国企業はすでにグーグルのOSなど、「非ウィンテル」を中軸に製品を開発しているというのです。この部分に驚きました。グーグルとそのような契約をしたのでしょうかね。他のOSはNG、手を組んだらアンドロイドの提供は今後一切しないとか?。
それならグーグルは賢いですね^^。記事には、LINEのLの字は一切出てこず、代わりに中国の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」が出てきます。アジア発で世界を変えるイノベーションは実現するかという問いに対して、出てきたのが微信(ウィーチャット)。ユニークな存在なのだそうです。日本が強いのはロボットによる高齢者ケアが挙げられています。

SEO対策費用
SEO 料金

検索エンジン対策
格安業者 SEO
Yahoo SEO実績
検索エンジン バックリンク
Yahoo 初心者 SEO
SEO キーワード
激安 SEOサービス
検索エンジン対策SEOサービス
低価格 SEO業者
バックリンク SEOサービス
ビジネスブログ集客 SEO
被リンクサービス 効果高い
PR

何を求めているのだろう


IT関連、スマホ事業の苦戦、リストラなどがニュースになりますが、では消費者、ユーザーか?、ユーザーが何を求めているのでしょうか。最近やたら目にするのは「格安○○」、「高速」などのワード。だったら高価格○○や、低速だったら誰も買っていないのか?というとそうでもありません。組み合わせ次第なのです、低速だけど低価格、高価格だけど高速等、上記のような条件がそろっていればユーザーは使います。もし高価格低速だったらユーザーは見向きもしないでしょうし、低価格高速の場合は企業側が損をして下手したら倒産します。そこで、モバイル苦境、パソコン離れなどの問題を解決するにはどうしたらよいか。
ハッキリ言って、今までにない、他は出していない機能、物が必須です。“ユニーク”。ユニークな発想が企業を救うのです。今でているのはどれこれも二番煎じの商品ばかりです。価格で差を出してアピールしているだけです。これでは苦境に陥るのはもちのろんです。

SEO価格
SEO対策 料金

SEO対策
ビジネスブログ 複合キーワード SEO対策
激安 被リンク
激安 SEO対策 Webサイト
月額固定SEO 検索エンジン対策
低価格 SEO対策依頼
バックリンク業者
Google Yahoo SEO対策
格安 企業 SEO対策
SEO対策 被リンク
キーワード バックリンク対策
SEO対策 ビッグキーワード実績

どこも大変なのです


2014年9月18日の日本経済新聞の朝刊に載っていた円グラフを見て、ふ~ん・・・そうなの?と意外でしたが・・・。“モバイル苦境 中国勢に接近 技術支援、端末開発促す パソコンの覇者 インテル マイクロソフト”という見出しの記事の中にある円グラフのことです。「モバイル端末同OSの世界シェア」という円グラフ。米IDCの調査を基に作成、5月時点での2014年の予測だそうです。タブレット→アンドロイド64.4%、ios30.3%、ウィンドウズ5.3%。これが意外だったのです。だって、iosの方が多いと思っていましたから・・・。
そうはいってもiosは単体で30.3%もシェアがあるので、単体で見ると一位かもしれません。アンドロイドを搭載したタブレットは複数のメーカーから出ていますし。スマホのiosはもっと少ないです。14.8%。アンドロイドは80.2%。ウィンドウズフォン3.5%、ブラックベリー0.8%という結果です。

SEO料金
SEO サービス

カテゴリー

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア